メンテナンス
 安心・快適にピッチングマシンをご使用いただくには、きちんとしたメンテナンスが欠かせません。
 是非お客様ご自身の手でも日常点検の実施をお願いいたします。
  1.定期点検
  2.ローターの使用期限と交換
  3.日常の点検
  4.消耗品の交換
  5.マシン引取りサービス
定期点検(有料)
 マシンの定期点検を3年に1度、行うことをお勧めします。弊社工場にて定期点検(オーバーホール)をされますと、全部分にわたって点検、調整、必要な部品の交換等をいたしますのでご利用ください。
 未然に故障や事故などの発生を防ぎ、常に最良の状態で、より安全に長期間ご使用いただけます。
 ■オーバーホール料金には以下の整備内容が含まれています。
  (その他部品に関しては別料金になります。)
  ・簡易塗装(お時間をいただける場合)
  ・電源コード交換
  ・モーターのカーボンブラシ交換
  ・ネジ取替え
  ・全体点検
  ・全体調整
 ■オーバーホールの例
  平成4年製造で一度もオーバーホールをされていないマシンNB7です。
   オーバーホール前後の写真を見る
 
※ピッチングマシンの構成は多くの部品からなり、その目的から使用している間に各部に摩耗、劣化、疲労、ネジの緩み等が発生することは避けられません。お客様ご自身で行う点検整備、工場で行う定期点検整備は、お客様の責任で実施・依頼していただく必要がございます。
ローターの使用期限と交換
 ローターの使用期限はご購入日から3年です。ご購入日から3年を経過したローターは必ず交換してください。ローターに〔交換目安年月〕のシールを貼っています。ただし、ピッチングマシンの使用頻度、および管理・保管状況などにより、3年未満での交換が必要となる場合があります。
 ■硬式用ローター使用に伴う変化
写真1.新品ローター
写真2.正常な磨耗ローター全体が均一に磨耗しています。
 回転数を速くして使用している側のローターの磨耗が早く進むため3ヶ月〜6ヶ月程度で左右(上下)のローターを入れ替えると安定したコントロールをより長く維持できます。
写真3.異常に磨耗したローター
 ボールに砂などが付着したまま使用した症状(部分的に深く削れる)です。コントロールに影響しますので、使用期限が過ぎていない場合でも交換してください。

※クリックで拡大
 ■軟式用ローター使用に伴う変化
写真1.新品ローター
写真2.ゴムが付着したローター
 軟式ボールのゴムがローターに付着するため3ヶ月〜6ヶ月程度で左右(上下)のローターを入れ替え、定期的にローターに付着したゴムを取り除くと安定したコントロールをより長く維持できます。

※クリックで拡大
  ローターの研磨、巻き直しについて
  
  当社ではローターの研磨、巻き直しは行っておりません。
  他業者により巻き直しされたローターは使用しないでください。硬度、材質の違いにより
  コントロールの乱れや、マシンの故障を引き起こす原因になります。特に、硬いローター
  ではモーターへの負荷が大きくなり、モーターの焼損、コントロール基盤の故障につなが
  るおそれがあります。
  これらの原因で起きた故障、事故に関して当社は一切責任を負いません。
日常の点検
 マシンを常に最良の状態で使用するためには、普段からの手入れが必要です。砂やほこり、サビなどが付いたままにしておくと
 本来の性能が発揮できずにモーターなどを傷めたり、その他故障の原因となります。
 定期的に手入れを行い、いつもきれいな状態を保ってください。点検・給油などをしておきますと、より安全に長期間ご使用いただけます。
消耗品の交換
 取扱説明書に、ユーザーの方にも簡単にできるような部分を取りあげています。
 点検、調整、部品交換を行う際は必ず用途に応じた工具を使用して怪我のないように、取り扱いには十分注意して作業して下さい。
 消耗品はベルト、モーターのカーボンブラシ、ローターがあります。
 ■カーボンブラシ
 モーターの中には回転軸に電気を伝えるカーボンブラシが入っています。回転部に接触しているため使用に伴い磨耗します。磨耗し、カーボンブラシが減ると電気がうまく伝わらなくなり、最終的にはモーターが動かなくなります。また、カーボンブラシが減ると接触不良により大きな火花が発生する場合があります。
 カーボンブラシの1/3の位置に目安の線がありますのでこの位置まで減った場合は交換が必要です。


注1)使用状況によっては、目安の線まで減っていない場合でもモーターが動かなくなる場合がありますので早めの交換をおすすめします。
注2)1個のモーターには2個のカーボンブラシが入っています。交換の際には必ず2個同時に交換してくだいさい。


 
 
※クリックで拡大
 ■ローター
 ローターについては、上記【ローターの使用期限と交換】を参照してください。
 ■ベルト
 モーターの回転をローター伝えるためにベルトを使用しています。使用に伴いひび割れたり、ベルトが伸びます。これらの症状が進行すると回転がうまくローターに伝わらず、不安定な回転になります。
 表面にひび割れが見られるような状態になったら、交換が必要です。

 
 
※クリックで拡大
 ■ネジや固定部分の点検
 ネジや固定部分の点検を行ってください。不良部分があると故障や事故のおそれがあります。
 @ネジに緩み、折れ、抜けがないか →緩みが見つかった場合は、締め直す。
 A上下動、左右動、ヘッド角度などの角度が調整できる部分で確実に固定できるか
 B車輪のストッパーが効くか
 C振動、異音がないか
マシン引取りサービス
 弊社は、地球環境に配慮し、不要となったマシンをお引取り致します。
弊社に連絡していただければ、希望の日時、場所に合わせて引き取り手配いたします。詳しくはお問合わせください。



ニッシンエスピーエム トップページ

会社案内

アクセスマップ

お問合せ メールフォーム

お客様の声

社会活動(CSR)

採用情報

ブログ



オンラインショップ

ガーデンスポーツ


直営施設

バッティングセンター ジップ!

ボールパーク 海ぼうず



スポーツマシン トップページ

硬式ピッチングマシン

軟式ピッチングマシン

ソフトボールマシン

ボール自動供給機

スローボールマシン

トスマシン

ボールクリーナー



防球ネット

打撃ゲージ

スコアボード

カウントボード

ボールキャリア

バットスタンド

バッティングティー

ボール・バット

ローター

周辺機器.etc



マシン選びのポイント

マシン購入前の確認

マシンが到着したら

取扱い上の注意

メンテナンス

故障と思ったら

製品年表

PMCモーターのご紹介



寄贈品用プレートのご紹介





バッティングセンター トップページ

候補地選び

施設タイプ

施設規模

アーム式バッティングマシン

ローター式バッティングマシン

その他設備機器

資金計画



施工例 - インドア 空き倉庫利用

施工例 - アウトドア 空き店舗利用

施工例 - イントドア 新築物件

主な納入実績



運営方法

メンテナンス

施策のヒント



メダル貸出機・両替機

硬貨-メダル計数機・コインタイマー



各種スポーツマシン

テニスマシン

テニス ストローク練習機

バレーボールマシン

サッカーマシン

バスケットボールマシン




ローンのご紹介

マシンレンタルのご紹介
Copyright© ;NISSHIN SPM CO.,LTD .2014.All Rights Reserved